FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[PR] 台湾に中国語留学

HSK高等 作文の対策

HSK高等の作文はなかなかくせ者だといえます。
30分で400から600字の文章を完成させなければいけないので、
中国語の能力のほかに、頭の回転の速さも求められます。
したがって、普段からHSKのための練習をしておくことが重要です。
※作文の勉強法については作文(写作)の勉強をしましょうをご覧ください。
以下より作文の試験対策を述べていきます。

□注意すべきこと
1.簡単なミスをしないようにする。
 HSK高等の採点は減点法であると聞いたことがあります。
 簡単な漢字の書き間違い、文法の間違い、用紙の使い方などで、
どんどんと点が引かれてしまいます。
 作文が如何に論理的で人を感心させるものであっても、ミスが多ければ、
良い点をとることができないのです。
 文の始まりは2マスあける(日本は1マスですね)、タイトルは真ん中に書く、
など基本的なことは必ず押さえておくようにしましょう。

□対策
1.簡単な言葉を使って書け!
 上で述べたように、減点法で採点が行われているため、ミスはご法度です。
しかしながら、HSK高等だからと言って、難しい単語を使わなければいけない
ということはありません。あくまでもミスがないかどうかで採点していきますので、
簡単な言葉を使って、ミスを出さないようにすればOKです。

2.あらかじめ文章の構成を考えておけ!
 HSK高等の作文は、ミスがないかどうかと、論理的な構成になっているかが、
重要だといわれています。
 ミスのない作文でも、論理的でなかったり、構成がめちゃくちゃだと、
それも減点の対象になるそうです。
 かといって、テーマをみて、即文章構成を考えだせるという人は少ないと思います。
プロの物書きでもない限り、難しいのではないでしょうか。
 しかし、ご安心ください。あらかじめ文章構成を考えておけばいいのです。
 というのは、最近の作文の課題は大体が理論文です。
理論文というのは、賛成、反対を書いて、その理由を理論的に述べていくというものです。
理論文の良いところは、構成がほぼ決まっていることです。
ですので、あらかじめ構成を考えておいて、それに当てはめるだけで、
十分に論理性のある作文を作ることができます。
これは私がいつも使う構成です。(必ずしもこれを使えと言っている訳ではないです。)

第一段落
1.まずテーマにそって、雑談を書く。(これは今世界でも問題になっているうんぬん)
                     ↓
2.結論を書く。(賛成or反対、自分の一番言いたいことなど)

第二段落
1.結論の理由を書く。(たくさん書けば書くほどよい。)
             ↓
2.各理由にひとつ実体験でもなんでも良いので、例を出す。

第三段落
 結論をもう一度書く(以上の理由から何々と思います的な感じで。)
※第一段落の文章をもう一度書くのは駄目です。
 違う表現で同じ結論を書くようにしてください。


以上です。
最後にもう一つ注意点ですが、
もし賛成という意見なら、賛成意見の利点だけを書くようにしてください。
中途半端に反対意見を肯定してしまうと、論理性のない文章として減点されてしまいます。



作文の対策は以上です。
頑張ってください。

HSKの対策にお薦めの問題集です。



ブログランキングに参加しております。
よろしければ、クリックお願い致します。

[PR] 台湾に中国語留学

テーマ : 中国語
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ok

Author:ok
HSKの勉強法やお薦め参考書を紹介します。一緒に頑張って勉強しましょう!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。